2/5 時点_ポイント最大8倍

偉人しくじり図鑑 25の英傑たちに学ぶ「死ぬほど痛い」かすり傷 /河合敦

販売価格
1,980
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 18

+キャンペーンポイント(期間・用途限定) 最大7倍

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

表示倍率は各キャンペーンの適用条件を全て満たした場合の最大倍率です。
各キャンペーンの適用状況によっては、ポイントの進呈数・付与倍率が最大倍率より少なくなる場合がございます。
dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:河合敦
出版社名:秀和システム
発行年月:2021年12月
判型:A5
ISBN:9784798064147


≪内容情報≫

【この「かすり傷」が死ぬほど痛かった!】
自分が仕掛けた悪戯で亡くなった四条天皇、
加増を断って秀吉の逆鱗に触れた織田信雄、
余計な失言で日本を戦争に導いた近衛文麿…。

失言や油断、勘違いや短気などの小さなミスは、
誰もが日常的に起こしてしまいます。

でも、そんな「かすり傷」が死ぬほど痛いときが、人生にはあります。
むしろ、かすり傷で死んでしまった人も、歴史上少なくありません。

今回は日本史に名を残す25人の偉人が起こした「しくじり」と、
その「かすり傷」がもとで死亡や破滅に至った経緯をご紹介します!

【昔から「油断大敵」とはよく言ったもので…】

明治の維新三傑であり、西郷隆盛や木戸孝允と並ぶ元勲・大久保利通。
彼が暗殺されたことはよく知られていますが、犯人たちは大久保宛に、
前もって暗殺の予告状を出し、しかも大久保も読んでいたのです。

それを大久保は一笑に付し、当時の警察もスルーします。
もしここで油断せずに大久保を警護していたら、
おそらく日本の歴史は大きく変わっていたことでしょう。

【一度の失言で暗殺されてしまった唯一の天皇】

日本史ではっきりと死因が暗殺と分かっているのが崇峻天皇です。
彼は当時の権力者・蘇我馬子の推挙で天皇になれたのですが、
次第に馬子が疎ましくなり、ある暴言を吐いてしまいます。

本人のいないところだったのですが、やがて馬子の耳に届き、
あろうことか馬子は崇峻天皇を暗殺させてしまいます。
その後、即位したのは日本初の女帝・推古天皇でした。
崇峻天皇の暴言が、日本で初めての女性天皇を誕生させたのです。

【失言型、油断型、うっかり型、短気型…失敗は歴史から学ぼう】

本書ではこれら25人の偉人たちを取り上げ、
彼らがやらかしてしまった「しくじり」と、
死ぬほど痛かった「かすり傷」をご紹介します。

人間、何か大きな失敗(しくじり)をしたときでも、
その原因となるのはほんの些細なミス(かすり傷)なのです。

人は歴史から学ぶと言います。
ぜひ偉人たちのしくじりを、
自分の仕事人生に活かしていきませんか。

実際にしくじりたくない方、
かすり傷にすぐ気づきたいという方、
「転ばぬ先の杖」としてぜひ本書をご一読ください!

【もくじ】
第1章 うっかり型……四条天皇、足利尊氏、織田信雄、薄田兼相、田中新兵衛
第2章 失言型……崇峻天皇、淳仁天皇、源範頼、片岡直温、近衛文麿
第3章 油断型……大内義隆、陶晴賢、伊東甲子太郎、近藤勇、大久保利通
第4章 短気型……藤原伊周、平清盛、北条時宗、龍造寺隆信、平賀源内
第5章 身の破滅型……伴善男、福島正紀、井上正甫、佐久間恪二郎、徳川慶喜

偉人しくじり図鑑 25の英傑たちに学ぶ「死ぬほど痛い」かすり傷 /河合敦のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

関連商品