原由子

婦人の肖像 (Portrait of a Lady)<通常盤> CD

販売価格
3,300
(税込)
出荷目安:
当日-翌日出荷
たまるdポイント(通常) 30

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

マークは試聴できる楽曲です。
  • 商品情報
  • レビュー

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2022年10月19日 / ジャンル:J-POP / フォーマット:CD / 構成数:1 / 製造国:国内 / レーベル:タイシタ / SKU:4988002923748 / 規格品番:VICL-65730

商品の紹介
ヤバいよ、"原 由子"てえ奴は。
31年ぶりの"ヤバい"オリジナルアルバムリリース!

サザンオールスターズの紅一点。キーボーディストであり、ボーカル・コーラス・アレンジなども幅広く担当し、バンドの音楽的かつ精神的支柱である原 由子が、1991年発表の『MOTHER』以来、実に31年ぶりのオリジナルアルバムをリリース。

『はらゆうこが語るひととき』(1981年)、『Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd』(1983年)、『MOTHER』(1991年)に続く、4作目のオリジナルアルバムのタイトルは『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』。クリムトの絵画から着想を得て名付けられた本作のスタジオ制作作業が始まったのは、コロナ禍真っ只中の2021年7月。44年の音楽キャリアを共に生き抜いてきた"戦友"そして"楽友"である桑田佳祐による全面バックアップのもと、柔軟で彩り豊かな音楽性と、野心的で実験的なサウンドメイクに磨きがかけられ、穏やかで柔らかな"原 由子"のパブリックイメージを大胆に刷新する作品になった。

音楽人として、そして目まぐるしく移ろう社会を渡り歩き、時代と闘ってきた来たひとりの女性として、ただひたすらに音楽と向き合い発露した彼女の"本懐"がこのアルバムには色濃く表現されている。桑田佳祐によって作詞・作曲された新曲「ヤバいね愛てえ奴は」が、NHK総合 ドラマ10「プリズム」の主題歌に決定。


ブックレットに書き下ろしエッセイ「婦人の肖像 (Portrait of a Lady) あとがき」の掲載が決定!
あとがきには、原 由子がアルバム制作に取りかかるにあたってのきっかけや、制作過程秘話、さらには1曲ずつに対しての想いが掲載される。
原 由子のエッセイと言えば、2013年に出版された「あじわい夕日新聞」や、2021年10月に出版された桑田佳祐の「週刊文春」連載エッセイを大幅加筆で単行本化した「ポップス歌手の耐えられない軽さ」に掲載されたあとがき「女房の日記」も記憶に新しいが、原独自の目線と人柄溢れる筆致がファンの間でも人気を博している。
※エッセイ「婦人の肖像 (Portrait of a Lady) あとがき」は完全生産限定盤 (VIZL-2110/VIZL-2111)、及び通常盤(VICL-65730)のブックレット内のみに掲載されます。
発売・販売元 提供資料(2022/09/29)
サザンオールスターズの紅一点。キーボーディストであり、ボーカル・コーラス・アレンジなども幅広く担当し、バンドの音楽的かつ精神的支柱である原 由子が、1991年発表の『MOTHER』以来、実に31年ぶりのオリジナルアルバム。クリムトの絵画から着想を得て名付けられた本作のスタジオ制作作業が始まったのは、コロナ禍真っ只中の2021年7月。44年の音楽キャリアを共に生き抜いてきた"戦友"そして"楽友"である桑田佳祐による全面バックアップのもと、柔軟で彩り豊かな音楽性と、野心的で実験的なサウンドメイクに磨きがかけられ、穏やかで柔らかな"原 由子"のパブリックイメージを大胆に刷新する作品になった。音楽人として、そして目まぐるしく移ろう社会を渡り歩き、時代と闘ってきた来たひとりの女性として、ただひたすらに音楽と向き合い発露した彼女の"本懐"がこのアルバムには色濃く表現されている。 (C)RS
JMD(2022/08/02)

婦人の肖像 (Portrait of a Lady)<通常盤> CDのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています