マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019 自然派 完全ビオロジック栽培 「ラングドックのラフィット」 GPサン ギレーム ル デゼール

販売価格
8,448
(税込)
出荷目安:
店舗へお問い合わせください
たまるdポイント(通常) 76

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019 自然派 完全ビオロジック栽培 「ラングドックのラフィット」 GPサン ギレーム ル デゼール

Mas de Daumas Gassac Rouge [2019] IGP Saint-Guilhem-le-Desert






マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019 自然派 完全ビオロジック栽培 「ラングドックのラフィット」 GPサン ギレーム ル デゼール


 このワイナリーの物語は、1970年、当時住居を探していた創業者エメ・ギベールと妻のヴェロニクが、ラングドック地方アニアーヌ村のガサック峡谷にドマ家が所有していた農家(マス)に一目惚れしたことではじまりました。
 1972年、同郷の友人で高名な地質学者であったボルドー大学のアンリ・アンジャルベール教授より、この地特有の氷河礫質・石灰質土壌がブルゴーニュのコート・ドール地方の土壌と酷似しており、また、アルザック台地を吹き抜ける冷気によって昼夜の寒暖の差が大きく、類まれなミクロ・クリマを持つことから、「グラン・ヴァンを造ることが可能である」との薫陶を受け、ぶどう栽培を開始しました。6年後の1978年、同大学の醸造学者で「近代ワイン醸造学の祖」と言われるエミール・ペイノー教授の指導を受けてワイン造りを開始。ここに、「マス・ド・ドマ・ガサック・ルージュ 1978」が誕生しました。


マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019 自然派 完全ビオロジック栽培 「ラングドックのラフィット」 GPサン ギレーム ル デゼール


 「1970年代から「ラングドックのグランクリュ」と形容されることの多いドマ・ガサックは、1972年、所有する礫岩で覆われた特異な土壌に、ボルドーのトップクラスシャトーで1930~1940年代に植樹された接木されていないカベルネ・ソーヴィニヨンを植えた。1978年、エミール・ペイノー教授が醸造と栽培方法をアドバイスするためにドメーヌを訪問。ステンレスタンクで発酵し、醸し期間は短く、新樽はほとんど使わず、短めの樽熟成をするように助言した。パーカーポイントの威力やミシェル・ローラン登場前の、いわゆるボルドー正統派の訓えを受けたドメーヌと言えよう。昔ながらのボルドー魂はドマ・ガサックに引っ越した、といってもいいかもしれない」(シェア・クルソン/「Just Grapes」誌)。


マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019 自然派 完全ビオロジック栽培 「ラングドックのラフィット」 GPサン ギレーム ル デゼール


 そもそもカベルネ・ソーヴィニヨンがラングドックの認可品種ではないので、ファースト・ヴィンテージはヴァン・ド・ターブルとして発売され、偉大なワイン造りを目指してワイン法の外に自由を求める造り手の先駆けとなりました。(法改正により1979年にVin de Pays de l’Heraultとなり、2011年以降、現在のIGP Saint-Guilhem-le-Desertになりました)。


マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019 自然派 完全ビオロジック栽培 「ラングドックのラフィット」 GPサン ギレーム ル デゼール


 「父から学んだことの中で最大のものは、毎年収穫したぶどうを前にした時、自然が与えてくれるものに謙虚な気持ちで向き合い、まっさらな気持ちで醸造に臨む姿勢です」(サミュエル・ギベール)。
 今日、「マス・ド・ドマ・ガサック」は世界70か国以上に輸出され、フランス国内においても、仏ミシュラン3つ星「ギー・サヴォワ」「ラストランス」「ローベルジュ・デュ・ヴュー・ピュイ」「ル・プティ・ニース」「ポール・ボキューズ」「ル・1947」をはじめとする数多の高級レストランのワインリストを飾っています。


マス・ド・ドマ・ガサック・ルージュ[2019]年・蔵出し・自社畑100%・自然派・完全ビオロジック栽培・ファルスタッフ誌驚異の97点獲得・「ラングドックのラフィット」・IGPサン・ギレーム・ル・デゼール

マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019

■ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン79%/メルロ7%/カベルネ・フラン6%/マルベック2%/ピノ・ノワール2%/バルベーラ/ネッビオーロ/ドルチェット/アルミーニュ/アルニー/バスタルド/サプラヴィー/チュカヴェリ/モンテプルチアーノ/アレニ・ノワール/チュカヴェージ/スゾン/ブランカレオ/カルネメール/アブリウ/プラヴァック・マリ4%
■平均樹齢:約40年
■土壌:氷河礫質・石灰質土壌


ゴーミヨ誌に「ラングドックのラフィットである」と言わしめ、ヒュージョンソン氏に「南仏で唯一のグラン・クリュである」と激賞させ、マイケル・ブロードベント氏に「世界のベスト10ワインのひとつである」と言わしめた大人気赤ワイン!

最高級仏ミシュラン3つ星「ギー・サヴォワ」「ラストランス」「ローベルジュ・デュ・ヴュー・ピュイ」「ル・プティ・ニース」「ポール・ボキューズ」「ル・1947」をはじめとする数多の高級レストランのワインリストを飾る人気赤ワイン!






【ワイン名】マス・ド・ドマ・ガサック・ルージュ[2019]年・蔵出し・自社畑100%・自然派・完全ビオロジック栽培・ファルスタッフ誌驚異の97点獲得・「ラングドックのラフィット」・IGPサン・ギレーム・ル・デゼール
【ワインについて】最高級フランス・ラングドック・フルボディ辛口赤ワインI愛好家大注目!ゴーミヨ誌に「ラングドックのラフィットである」と言わしめ、ヒュージョンソン氏に「南仏で唯一のグラン・クリュである」と激賞させ、マイケル・ブロードベント氏に「世界のベスト10ワインのひとつである」と言わしめた大人気赤ワイン!最高級仏ミシュラン3つ星「ギー・サヴォワ」「ラストランス」「ローベルジュ・デュ・ヴュー・ピュイ」「ル・プティ・ニース」「ポール・ボキューズ」「ル・1947」をはじめとする数多の高級レストランのワインリストを飾る人気赤ワイン!しかもカベルネ・ソーヴィニヨンがラングドックの認可品種ではないので、ファースト・ヴィンテージからヴァン・ド・ターブルとして発売され、偉大なワイン造りを目指してワイン法の外に自由を求める造り手の先駆けとなる。(これは2004年公開のドキュメンタリー映画「モンドヴィーノ」に描かれている。)(法改正により1979年にVin de Pays de l’Heraultとなり、2011年以降、現在のIGP Saint-Guilhem-le-Desertになりました。)。しかも オーナーのエメ・ギベールは味わいの複雑性と深度を求めて世界中から多様なぶどう品種を収集して混植!なんと!このマス・ド・ドマ・ガサック ルージュは以下の21品種(カベルネ・ソーヴィニヨン79%、メルロ7%、カベルネ・フラン6%、マルベック2%、ピノ・ノワール2%、バルベーラ、ネッビオーロ、ドルチェット、アルミーニュ、アルニー、バスタルド、サプラヴィー、チュカヴェリ、モンテプルチアーノ、アレニ・ノワール、チュカヴェージ、スゾン、ブランカレオ、カルネメール、アブリウ、プラヴァック・マリが4%)のブレンド(ブレンド比率は年によって変動します)!ワインプレスの評価も高くこの[2019]年でジェームス・サックリング驚異の94点高評価!ワインアドヴォケイト誌の評価はまだですが、2017年ものが92~94点の高評価!アニアーヌ村の森林に点在する35~40区画合計で約30ha。標高250~550m。氷河礫質・石灰質土壌。25品種植樹しており、カベルネ・ソーヴィニヨン以外は基本的に混植です。樹齢は約40年。ステンレスタンクで発酵後、「アトリエ・サントル・フランス・トネルリ」社製の樽で12ヶ月間熟成(新樽率は15%まで)で造られるまさに究極「ラングドックのラフィット」が蔵出し限定で正規品で少量入荷!
【ワインのタイプ】辛口 赤ワイン
【ワインのテイスト】フルボディ
【生産者】マス・ド・ドマ・ガサック
【ブドウの品種】カベルネ・ソーヴィニヨン79%/メルロ7%/カベルネ・フラン6%/マルベック2%/ピノ・ノワール2%/バルベーラ/ネッビオーロ/ドルチェット/アルミーニュ/アルニー/バスタルド/サプラヴィー/チュカヴェリ/モンテプルチアーノ/アレニ・ノワール/チュカヴェージ/スゾン/ブランカレオ/カルネメール/アブリウ/プラヴァック・マリ4%
【ブドウの収穫年】[2019]年
【生産地】フランス/ラングドック/IGPサン・ギレーム・ル・デゼール
【内容量】750ml

マス ド ドマ ガサック ルージュ 2019 自然派 完全ビオロジック栽培 「ラングドックのラフィット」 GPサン ギレーム ル デゼールのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

売れ筋ランキング