アンメット ある脳外科医の日記 11 /子鹿ゆずる 大槻閑人

販売価格
759
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 6

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:子鹿ゆずる、大槻閑人
出版社名:講談社
発行年月:2023年05月
判型:コミック
ISBN:9784065315057


≪内容情報≫

No Man’s Land(ノー マンズ ランド):無人地帯。
それは、医学的に人がメスを入れてはならない領域――。

日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。

新たに綾野を迎えた丘陵セントラル病院。記憶障害のミヤビは、綾野の妻となった麻衣の口から、国際学会で三瓶と出会っていた過去を知らされる。キャリアを捨ててまで自分を救おうとしていた三瓶。その思いに背中を押される形で、ミヤビは
関東医大の大迫に記憶障害にまつわるカルテの開示を要求する。

そして明かされる、三瓶と大迫の道を分けた因縁――。

「片頭痛」「脳動静脈奇形」「髄腔内投与」「No Man’s Land」のエピソードを収録。

アンメット ある脳外科医の日記 11 /子鹿ゆずる 大槻閑人のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品