5/20 時点_ポイント最大20倍

物理と心理から見る音楽の音響 /日本音響学会 大田健紘 若槻尚斗

販売価格
3,410
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 31

+キャンペーンポイント(期間・用途限定) 最大19倍

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

表示倍率は各キャンペーンの適用条件を全て満たした場合の最大倍率です。
各キャンペーンの適用状況によっては、ポイントの進呈数・付与倍率が最大倍率より少なくなる場合がございます。
dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:日本音響学会、大田健紘、若槻尚斗
出版社名:コロナ社
発行年月:2024年01月
判型:A5
ISBN:9784339011661


≪内容情報≫

【読者対象】
・楽器製作者
・楽器の設計・評価に携わる技術者
・楽器の音響の研究者および学習者
・音楽の演奏の研究者および学習者
・音楽情報の研究者および学習者

【書籍の特徴】
本書は以下の6章で構成されており、各章において基礎的な内容から具体的な応用事例までを紹介しています。
第1章では弦、棒、気柱、膜そして板の振動といった楽器の発音に関わる物理現象について数式を用いて記述しています。応用事例として、数値計算手法によりシミュレーションを行った例を紹介しています。さらには、振動現象をさまざまなセンサにより計測した研究事例を紹介しています。
第2章では楽器から発生する音の物理的側面の理解に必要な演奏音の周波数分析法を説明しています。さらには、音を特徴づける物理量である音圧レベルや基本周波数の計測について説明しています。応用事例として、演奏音からヴィブラートを測定する事例について紹介しています。
第3章では演奏音から受ける心理的側面の解明に必要となる音の代表的な物理量と心理量との対応関係について説明しています。応用事例として演奏音とその熟達度に関する研究を紹介しています。
第4章では音楽の構造的側面の理解に必要となる和声理論の基礎について説明しています。応用事例として、音響学をはじめ音楽知覚認知や脳科学にいたる幅広い分野の研究を紹介しています。
第5章では演奏者の超絶技巧とも呼べる卓越した技術を研究する手法について説明しています。応用事例として、音響学と情報学を軸に広く音楽を調査研究する手法および応用システムについて紹介しています。
第6章ではこれまで音響学をはじめとする科学技術が音楽に果した役割について録音技術やホール音響、空間音響再生技術などを中心に概観し、今後の音楽音響学の課題について考察しています。

【著者からのメッセージ】
音楽の研究と聞くとみなさんは何を想像するでしょうか?音楽歴史に関する研究でしょうか?それとも、楽譜に並ぶ音符の構造に関する研究、様々な楽器の発音原理を解明する研究、楽器音の合成に関する研究もしくはホールにおける音楽の響きに関する研究でしょうか?音響や楽器、演奏音など、音楽に関係する研究は非常に多岐にわたり、これらの研究に関係する学問分野も音楽学、音響学、心理学、情報工学、脳科学など多岐にわたっています。そのため、同じように音楽の研究をしているにもかかわらず専門とする分野が違うことでお互いに話がすれ違うこともあります。また、音楽の研究を始めようとする初学者にとっては、何から手をつければよいのかわからず研究を始める一歩を踏み出せないこともあるかと思います。本書では多岐にわたる学問分野について、基礎理論とその応用例を横断的に解説することで、既に専門分野を一つ確立されている方が自分の専門分野以外の分野について概観できることや、これから音楽の研究を始めようという大学生が専門とする分野を見つけられることを期待して執筆しています。

物理と心理から見る音楽の音響 /日本音響学会 大田健紘 若槻尚斗のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品