遺す言葉「寂庵だより」2017ー2008年より /瀬戸内寂聴

販売価格
1,540
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 14

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:瀬戸内寂聴
出版社名:祥伝社
発行年月:2022年04月
判型:四六判
ISBN:9784396617776


≪内容情報≫

誰かを幸せにするために
よく動き、よく働いた。

寂聴さんが編集長を務めた「寂庵だより」から
2008年から2017年までの晩年の随想、10年分を収録。

これはもう、生きすぎたケジメをつけなければならぬ時がきたと覚悟を決めた。
決めたものの、その実行が以前のようにさっさとできないのである。
遺書も書けていないし、身辺整理も何一つ出来ていない。
このままでは死にも出来そうにない。(「生きすぎたケジメ」より)

「寂庵だより」を始めたのは私が64歳の時で
出家から13年が経っていたーー。

もう、今夜死んでも不思議ではない年齢だ。
今となっては、何も思い残すことはない。
書き足りない想いもない。
出家したおかげで、あの世を私は信じている。
あの世で、先に逝ったすべての人に
再会できると信じている。(「法臘四十歳」より)

遺す言葉「寂庵だより」2017ー2008年より /瀬戸内寂聴のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

関連商品

売れ筋ランキング