捨てることから始まる 「寂庵だより」1997‐1987年より /瀬戸内寂聴

販売価格
1,760
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 16

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:瀬戸内寂聴
出版社名:祥伝社
発行年月:2022年06月
判型:四六判
ISBN:9784396617851


≪内容情報≫

ありし日の寂聴さんが一番伝えたかったこと。

寂聴さんが編集長を務めた「寂庵だより」から

随想を収録したシリーズ第三弾。



年をとっても、人生は変えられること。

そして、年をとっても、他者のために生きられること。

本書は、そんな寂聴先生の教えと実践を、

我々に生き生きと伝え続けるのです。

―解説 仏教と共に生きる寂聴先生と、人々とを結んだ『寂庵だより』(酒井順子)より



家を捨て、家族を捨てて出家した。

60代半ばから70代までの随想を収録。



本来人間は孤独だという認識を持てば、

大方の困難には耐えてゆかれる気がする。

孤独だからこそ、人は他者の孤独の淋しさを

思いやることが出来るのだ。(「犀の角のように」より)



「寂庵だより」を始めたのは私が64歳の時で

出家から13年が経っていた。



仏像のように耳を大きくして、私も残る歳月、

人の苦悩に本気で耳を傾けて生きていたいと思う。(「仏の耳」より)



【目次】

一 友人、知人の訃報ー一九九七年

二 『源氏物語』の現代語訳、完成ー一九九六年

三 阪神・淡路大震災を体験ー一九九五年

四 慈悲をもって生きるー一九九四年

五 得度して二重年めの転機ー一九九三年

六 いまを切に生きるー一九九二年

七 仏教徒としてできることー一九九一年

八 戦争反対、世界が激動の一年―一九九〇年

九 幸福な晩年とはー一九八九年

十 ものを書く苦しみと喜びー一九八八年

十一 忘己利他の精神でー一九八七年

解説 仏教と共に生きる寂聴先生と、人々とを結んだ「寂庵だより」(酒井順子)

捨てることから始まる 「寂庵だより」1997‐1987年より /瀬戸内寂聴のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

関連商品

売れ筋ランキング