昭和期放送メディア論 女性向け教養番組における「花」の系譜 /辻泰明

販売価格
2,200
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 20

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:辻泰明
出版社名:和泉書院
発行年月:2018年09月
判型:A5
ISBN:9784757608856


≪内容情報≫

放送による「文化の機会均等」とはどのようなものだったのか

昭和の幕開けを1年足らず後に控えた1926年1月、女性記者として知られていた大澤豊子が東京放送局を訪れる。

以来、日本の放送は、女性向け教養番組の編成を本格化し、文化の伝播に貢献した。そこでは、辣腕の女性プロデューサーや天才華道家が活躍し、「花」(花を活ける文化)を主題とする講座が数多く放送された。

その系譜をたどり、昭和期放送メディアの意義を考察する。

昭和期放送メディア論 女性向け教養番組における「花」の系譜 /辻泰明のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品