市民の義務としての〈反乱〉 イギリス政治思想史におけるシティズンシップ論の系譜 /梅澤佑介

販売価格
3,520
(税込)
送料無料
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 32

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:梅澤佑介
出版社名:慶應義塾大学出版会
発行年月:2020年06月
判型:四六判
ISBN:9784766426823


≪内容情報≫

グリーン、ボザンケ、ホブハウスといった日本ではあまりなじみのないイギリス政治思想家たちの、国家論における「市民の義務」としての「抵抗・反乱」の概念の生成を歴史的アプローチによって検証し、その系譜によって20世紀前半最大の政治思想家ハロルド・ラスキの政治思想の可能性に新たな光を当てた意欲作。

市民の義務としての〈反乱〉 イギリス政治思想史におけるシティズンシップ論の系譜 /梅澤佑介のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品