6/20 時点_ポイント最大5倍

宇宙ってそういうことだったのか!図鑑 /縣秀彦

販売価格
1,320
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 12

+キャンペーンポイント(期間・用途限定) 最大4倍

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

表示倍率は各キャンペーンの適用条件を全て満たした場合の最大倍率です。
各キャンペーンの適用状況によっては、ポイントの進呈数・付与倍率が最大倍率より少なくなる場合がございます。
dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:縣秀彦
出版社名:アスコム
発行年月:2022年07月
判型:四六判
ISBN:9784776212195


≪内容情報≫

宇宙は本当にナゾだらけ。
知れば知るほど、ヘンテコでおもしろいことがいっぱい起きている。

たとえば、土星の衛星タイタンでは、あるガスと同じ成分の雨がふる。
それはなに?
ヒントは・・・
きっと今日、君もプッと出したはず!

そう、答えは「おなら」。
おならには、「メタン」という天然ガスがふくまれている。
そのメタンがタイタンでは液体として存在し、海も川も雲も、そして雨もメタンでできているんだ。
つまり、「おならの雨」ってこと。

太陽はあんなに熱いのに、じつは燃えていない。
流れ星の正体は、星ではなく、砂つぶみたいな「ちり」だっていうし、惑星を超巨大なプールにうかべると、1つだけうかぶ星がある。
宇宙に生身で放り出されても、1〓2分は生きていられるらしい。
そういえば、冬の星座オリオン座を「おねしょの星座」とよぶ地域もある。
大昔の人たちも、夜空を見上げていろいろ想像して楽しんでいたんだ。

この本では、そんな宇宙のオモシロ話を70個も紹介するよ。
ふつうの図鑑にはのっていないような話がたくさんある。

でも、宇宙の話ってむずかしよね・・・と思っている君。
大丈夫!

この本は、宇宙のことをできるだけわかりやすく書いている。
身近なものにたとえるのもそのひとつだ。
たとえば、夜空にかがやくオーロラは、蛍光灯と同じしくみで光っている。
地球をリンゴにたとえたら、大気のあつさはリンゴの皮くらい。
東京駅に小惑星が落ちたらどうなる?
ね、こうして考えたほうがピンとくるでしょ?

「やってみよう!」のコーナーでは、流れ星の見方や、月の大きさを5円玉ではかる方法、虹のつくりかた、金星の観察のしかたなどを紹介しているから、ぜひ試してみてほしい。
みんなで盛り上がれる「宇宙クイズ」も用意したよ。

この本は、ひとりで読んでもいいし、親子で、友だちと、みんなで楽しむことができるようにしたんだ。
だってそのほうが、楽しいからね!

この本を読んだ君は、今よりもっと宇宙が好きになるはずだ。
そうしたら、ぜひ夜空を見上げてみてほしい。
きっと、前とは少しちがって見えるはずだよ。

さあ、いっしょに宇宙の不思議のとびらを開けてみよう!

宇宙ってそういうことだったのか!図鑑 /縣秀彦のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品