現代語訳南海寄帰内法伝 七世紀インド仏教僧伽の日常生活 /義浄 宮林昭彦 加藤栄司

販売価格
2,750
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 25

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:義浄、宮林昭彦、加藤栄司
出版社名:法蔵館
発行年月:2022年11月
判型:文庫
ISBN:9784831826435


≪内容情報≫

7世紀のインドの僧侶は何を食べ、どんな生活をしていたのか。671年、戒律を学ぶために海路によりインドに渡った唐の僧・義浄三蔵が、留学先ナーランダー寺での衣食住にわたる戒律の実態を報告した第一級史料の現代語訳、衝撃の文庫化。



インドの僧侶が朝起きて、一番にすることは何か。
感染症対策万全な食事内容とその方法とは。
歯ブラシの使い方とは。
トイレのしかたとは。
私有財産の所有がほとんど許されない僧侶の遺産相続方法とは。
遠方から来た客人を、どのように接待すべきか。
葬式のきまりとは……。



義浄が見たインドの戒律とは、自由を縛る「べからず集」と化した戒律とは大違い。過酷な気候と限られた時間のなかで、仏道の目的到達のために、あえてしなくてもよいものを省いていく経験則の集積であった。
『南海寄帰内法伝』は、義浄が、感嘆をもって、故郷の中国や、途中寄港した東南アジアの戒律と比較しながらまとめあげた、空前絶後のインド留学レポである。

現代語訳南海寄帰内法伝 七世紀インド仏教僧伽の日常生活 /義浄 宮林昭彦 加藤栄司のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品