哀話の系譜 うとうやすかた /菊地章太

[在庫なし]

販売価格
1,980
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 18

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍
remove_shopping_cart在庫なし

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:菊地章太
出版社名:法蔵館
発行年月:2023年02月
判型:四六判
ISBN:9784831877642


≪内容情報≫

ウトウを殺した報いのために地獄で責め苦を受ける亡者を描く謡曲『善知鳥(うとう)』。
この哀話に多くの人が魅せられたのはなぜか。
文芸作品や仏教文献、そしてこの主題を追いつづけた菅江真澄の足跡をたどり、哀しみの根源にせまる。

「どうしてこんな詮無い物語が生まれたのか。どこにも救いがないではないか。みじめなだけのこの哀話に、しかし多くの人が魅せられた。なぜだろう。
本書は謡曲『善知鳥』から説き起こし、作者の問題をかえりみつつ、そこに至る文芸の系譜を訪ねる。つづいて中世における救いのありかを仏教文献のなかに探っていく。さらにこの主題を追いつづけ、ついに放擲するしかなかったひとりの文人の足跡をたどる。そうした作業を通じてこの物語の哀しみの根源にせまりたい。それはやがて日本の文芸世界と、その基盤にある民俗伝承の沃野を底辺から見つめなおすことにつながるであろう。」(「はじめに」より)

【目次】
はじめに―うとうの神社から

前 編 文芸の源泉を求めて

第一章 親子鳥の哀話
第二章 王朝文芸の系譜
第三章 救いのありか
第四章 謡曲へ流れこむもの

後 編 追尋、そして放擲

第五章 文学から博物学へ
第六章 ある旅人の探求
第七章 なぜ放擲したか


補 遺 謡曲『善知鳥』
おわりに―うとうへ、ふたたび

和歌索引
索 引

哀話の系譜 うとうやすかた /菊地章太のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品