チームが機能するとはどういうことか 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ /エイミー・C.エドモ 野津智子

販売価格
2,420
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 22

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:エイミー・C.エドモンドソン、野津智子
出版社名:英治出版
発行年月:2014年05月
判型:A5
ISBN:9784862761828


≪内容情報≫

★マネジメント思想のアカデミー賞「Thinkers50」1位! ★

『チームが機能するとはどういうことか』『恐れのない組織』著者のエイミー・エドモンドソン教授が「Thinkers50」2021年版ランキングで1位に表彰されました! 2001年創設のThinkers50歴代1位はマイケル・ポーター、クレイトン・クリステンセン、C・K・プラハラード、ピーター・ドラッカーなど。

★心理的安全性研究の第一人者による、〈チームワーク〉のロングセラー★

トヨタ、IDEO、チリ鉱山落盤事故救出チーム、北京五輪会場設計チーム…20年以上にわたって多様な人と組織を見つめてきた著者が提案する、学習しながら実行する働き方「チーミング」。〈変化の時代のチームワークを学べる本〉として、幅広い読者に支持されるロングセラーです。

★本書の主な内容★

▼ルーチンの業務か、複雑な業務か、イノベーションの業務か…仕事の中身によってチームワークは変わる。
▼「失敗から学ぶ」のは、なぜ難しいのか?
▼「心理的安全」を高めるリーダーシップ行動。
▼学習が止まったとき、組織の成長は終わる。
▼生存率2%の「不可能な」救出劇。奇跡のチームの舞台裏。
▼意見を言い合う、チャレンジする、協力しあう……「チームとしての当たり前」をなぜ実行できない?

これまでの「チーム」は、スポーツチームや音楽家のグループのように、物理的に同じ場所にいて、信頼を築く時間がある、固定された集団だった。しかし現在はどうだろう。メンバーは世界中にいて、目的達成とともに解散する、流動的な集団へと変わりつつある。──いま、チームが機能するために何が必要なのか?

チームが機能するとはどういうことか 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ /エイミー・C.エドモ 野津智子のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています