7/14 時点_ポイント最大11倍

(熱帯魚)アウロノカラ・スチュアートグランディ ンガラ(1匹) 北海道・九州航空便要保温

販売価格
5,842
(税込)
出荷目安:
店舗へお問い合わせください
たまるdポイント(通常) 53

+キャンペーンポイント(期間・用途限定) 最大10倍

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

表示倍率は各キャンペーンの適用条件を全て満たした場合の最大倍率です。
各キャンペーンの適用状況によっては、ポイントの進呈数・付与倍率が最大倍率より少なくなる場合がございます。
dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー


(熱帯魚)アウロノカラ・スチュアートグランディ ンガラ(1匹) 北海道・九州航空便要保温


お送りする個体は体長約5~7cm程度です。
個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。
魚の性質上、若干のヒレ欠けがある場合がございます。ご了承の上お買い求め下さい。

アウロノカラ・スチュアートグランディ“ンガラ”
販売名 アウロノカラ・スチュアートグランディ“ンガラ”
学名(※) Aulonocara stuartgranti “Ngara”
(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。
別名
分布 アフリカ ― マラウィ湖
飼育要件 最大体長   → 12cm
温度      → 22~27度
水質      → 弱酸性~弱アルカリ性
餌        → 生餌、人工飼料
※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。
種類詳細 アフリカのマラウィ湖に生息するシクリッドです。
アウロノカラの仲間でも古くから知られ、イギリス人の熱帯魚輸出業者であるスチュアート・グランド氏の名前がつけられた種です。
アウロノカラの中でもバリエーションが非常に多いことで知られ、多さは。
サンガ、チルムバ、ムベンジ、ンガラ、ムバンバ等の産地が知られ、さまざまな色彩パターンが見られます。
“ンガラ産”の個体は頭部、背ビレ、尻ビレが青く染まり、背ビレの上端は白く、体側の腹側から尾ビレにかけて黄から赤の発色が見られます。
アウロノカラの仲間は種間交雑が容易なことから交雑品種が多く、原種が分からないことも少なくありません。
飼育は他のアフリカンシクリッドと同様に弱アルカリ性の水を好み、丈夫な魚ですがやや気が荒く、同種間ではよく争います。
混泳させるときは岩組みなどで隠れ家を作ってあげるとよいでしょう。
また、数を多めに飼育すると縄張り意識が弱くなります。
飼育のポイント 飼育は容易で、人工飼料も問題なく飼育可能です。弱アルカリ性の水質好みます。
混泳の注意点 やや気が荒く、他種、同種間ではケンカをします。
混泳させるときは岩組みなどで隠れ家を十分に作ってあげるとよいでしょう。
また、数を多めに飼育すると縄張り意識が弱くなります。
繁殖 一般に群れの中で最も大きい個体がオスと言われ、尻ビレのスポット模様(エッグスポット)が大きく、発色が良いとされています。
発情したオス個体は頭部が少し出っ張り、縞模様が明瞭に見えることがある点で判別可能です。
幼魚、若魚では判別が困難なため繁殖を狙う場合は複数匹飼育し、自然形成されたペアを得る必要があります。
出来上がったペアは一緒に行動し、他魚を追い払いテリトリーを主張するようになります。
底砂の窪みや平らな石の上に産卵し、メスが卵を咥えて育てるマウスブリーダーです。
混泳魚がいる場合は卵を咥えたメスを隔離するか、メスの親魚から強制的に吐き出させて別の水槽で稚魚を育成した方が良いでしょう。
稚魚はブラインシュリンプを与えるとよいでしょう。
その他





fish_database 熱帯魚・エビ他 シクリッド 種類で選ぶ アフリカンシクリッド アウロノカラ スチュアートグランディ ンガラ 1匹 アフリカ産 Aulonocara stuartgranti Ngara 20111219 MS shikuriddo1227 cichlid_beta kaijyo MS0104 fishtop4_180801 top_fish0801 y11m12

(熱帯魚)アウロノカラ・スチュアートグランディ ンガラ(1匹) 北海道・九州航空便要保温のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品