深読み日本文学 /島田雅彦

販売価格
836
(税込)
出荷目安:
1~2営業日で出荷
たまるdポイント(通常) 7

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
≪商品情報≫

著者名:島田雅彦
出版社名:集英社インターナショナル
発行年月:2017年12月
判型:新書
ISBN:9784797680164


≪内容情報≫

芥川賞選考委員の作家による、異色の日本文学論!


「色好みの伝統」「サブカルのルーツは江戸文化」「一葉の作品はフリーター小説」など、古典から漱石・一葉らの近代文学、太宰・安吾らの戦後作品、さらにAI小説までを、独自の切り口で分析。

創造的誤読、ユーモアの持つ効能、権威を疑う視線といった、作家ならではのオリジナリティあふれる解釈で、日本文学の深奥に誘う。


高橋源一郎氏(作家)推薦!

「待ってました! 『日本文学史』の最新・最強バーション」


(目次より抜粋)

序章:文学とはどのような営みなのか

第一章:色好みの日本人

第二章:ヘタレの愉楽――江戸文学再評価

第三章:恐るべき漱石

第四章:俗語革命―― 一葉と民主化

第五章: エロス全開――スケベの栄光

第六章:人類の麻疹――ナショナリズムいろいろ

第七章:ボロ負けのあとで――戦中、戦後はどのように描かれたか

第八章:小説と場所――遊歩者たちの目

第九章:現代文学の背景――世代、経済、階級

第一〇章:テクノロジーと文学――人工知能に負けない小説

巻末ブックリスト付き

深読み日本文学 /島田雅彦のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

同カテゴリのおすすめ商品

別カテゴリのおすすめ商品

関連商品